読log

とても自分用備忘録です。
基本3行くらいで今日読んだのも昔読んだのもまとめてつっこむ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)
いままでこれを挙げてなかったことにびっくりだよ!
ジブリの映画は見たけどこっちは読んでないって人多そう。だいぶ印象違うかも。
ゆるやかに描かれるキキの成長の雰囲気が好きです。
| 児童文学 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)
好きすぎて紹介できない。
軽装版も文庫も出てるけどやっぱり最初のハードカバーが一番好きです。
小学5年生の時に初めて読んでから新刊が出るたびに追いかけ続けてきた唯一の本。
アニメ化もされたのでそっちもがっつり見ました。作画きれいすぎて泣くかと思った。
自分の中で話が終わってしまうのが悲しくて最終巻はまだ読めていません。
上橋先生の講演会にも行ってきました。
明るくて元気のある方で、この人がバルサたちを生み出してくれたのだと思うと何とも言えない気持ちになりました。
すごく楽しかった!
書きたいことはいっぱいあるけど、きっと平静を保てないのでこの辺で終わります。
小学生のあの時期にこの本に出会えて良かった。
| 児童文学 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
満月の夜 古池で (偕成社ワンダーランド)
最近唐突に読みたくなって図書館をあさりました。
人と動物のかかわりを考えるきっかけをくれる本だと思います。
文庫にもなってるみたいなのでみんな読めばいいと思うよ!
| 児童文学 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
選ばなかった冒険―光の石の伝説 (偕成社ワンダーランド (17))
ゲームの世界で冒険…と見せかけて薄暗い雰囲気と不安感を煽られる描写。
いまだに暗い学校の中、というのがコンクリート剥き出しの建物として自分の中にあります。
終わりはあっさりめなんだけどそこに行き着くまでが重め。でも楽しいよ!
| 児童文学 | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
どろぼうの神さま
面白いよーハラハラドキドキするよー。
でもやっぱりページ数が多いので集中力のあるうちに読んでおくとよさげ。
| 児童文学 | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)
男の子も女の子も楽しく読めます。
シリーズ大体全部読んだかなぁ…。
ずっこけ中年組っていうのも最近出たみたいなので読まなくちゃ。
| 児童文学 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クレヨン王国 月のたまご〈PART1〉 (講談社 青い鳥文庫)
大好き!クレヨン王国シリーズは全ての図書室にあればいいと思うよ!
最近は店頭からも消えつつあって寂しいです。
月のたまごは10冊のシリーズになってるけど、1冊目だけでも話としてまとまってるからおけ。
大人も読める作品じゃないかなー
| 児童文学 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
+ PROFILE
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ